「ほっ」と。キャンペーン

ギターを中心とした浦和の音楽教室の日刊(にしたい)!創業ブログ


by saitama_music

カテゴリ:ギタリストアベニュー( 2 )

お疲れ様です!

d0131901_11404311.jpg遂に実現!

アル・ディ・メオラ、ジャパンツアーのギタリストの一人、「ケヴィン・セディッキ」氏が浦和で、G&Eで、大暴れ!!

 お世話になった金先生と言葉の助けを頂いたU先生にはこの場を借りて感謝申し上げます!

ブルーノート・クオリティがそのまま浦和にやって来た、そんな形容がピッタリの素敵な昼下がりを満喫する事が出来ました!

その穏やかで優しい性格から滲み出た演奏プログラムは、多岐のジャンルに亘った内容の濃い1時間!

ループを多様した民族色の濃い自作曲や、ボサノヴァを完全にインプロヴァイズしたり、アフリカの打楽器を模した楽曲では紙を弦に貼り付けたアイデアで音色を自由に替え、アラブ諸国の民族楽器「ダンベック」をループした自分のリフに合わせて演奏したりと、作曲家として、ギタリストとして、パフォーマーとして、とても普段は耳に、目にする事が出来ない、そんな充実したコンサートになりました。

d0131901_11572516.jpgラスト一曲は、三留先生の作品を使って自由に楽しませて頂きました!

毎日アルディメオラとバトルしているケヴィンさん、、さすがに演奏の、あ・うんの呼吸が鋭い!この時だけは実はタルイシが一番楽しい時間を過ごしてしまったのでは、、と思ってしまいます(汗)

教室でギターを楽しんでる、そしてミュージシャンを目指す皆さんにケヴィンさんからのメッセージも頂きました!ケヴィンさんの人柄を含めて、これもまたご紹介します!

急な開催にも関わらず快く会場を提供してくださったグッディーズカフェさんと、G&Eのギターフレンズにも心からの感謝を申し上げます!

「身近に、普段のレッスンの延長で、世界に溢れる素晴らしいを音楽を体験してもらいたい」と言う、ちょっとした野望が一つ、実現できた一日でした!
[PR]
by saitama_music | 2010-05-16 12:05 | ギタリストアベニュー
ココではタルイシが影響を受けたギタリストを紹介したいと思います。
ただ単に影響を受けたギタリストの紹介も勿論ですが、なるべくご本人と直接関わりあるギタリスト氏をご紹介したいと思ってます。
http://www.gobyfish.com/Home.html

第1回目はDonRoss。タルイシのセンセイであります。
公式に配布してある映像がyoutubeでも確認できましたので、グルーヴィーな感じで、是非聞きながらご一読下さい。

Don Ross [Loaded, Leather, Moonroof - www.candyrat.com]

日本のアコギファンにも既に浸透してきたドンロス氏。彼の影響を受けたギタリストは本当に多くなりました。アメリカ、ヨーロッパ諸国での人気、とりわけ母国のカナダではアコースティックギターシーンをリードする存在で、ファンの多い押尾コータロー氏もインディーズ時代には彼のライブを観に行っていたそうです。こういったギター1本であらゆる音楽を表現する「フィンガースタイル」の世界はまた後日、書くことにします。

左のライフログに載せたドン先生のアルバム「パッションセッション」を購入したのが99年。早速タルイシ、その一曲目に収録された「Klimbin」を確か翌年のみなとみらいホールで演奏して「タルイシが急にアコギで、何かカッコいいの弾いてるぞ!?」と、みんなに驚いてもらいましたっけ。

d0131901_13295590.jpg海外でのクラシックギターの勉強は勿論の事、絶対このドン先生からレッスンを受けたいと学生時代からずっと夢見ておりまして、2005年にその夢がやっと叶い、生ライブやレッスンは勿論、ホームパーティーに招いてもらったりと、とても親しくさせて頂いてます。教室が開校した際には早く、ドン先生を招いて、ライブや講習会などのイベントを開催したいと思っています。

丁度、メールをやり取りさせてもらい始めた頃、前の奥様、そしてお母様が相次いで他界されたというご不幸が続き、その後に発表したアルバムのクオリティがもの凄く高くなっていて、彼のイマジネーションの強さと言うものにも胸が震えました。

クラシック、ロック、ジャズ、カントリー、フォーク、ヒップホップ、ラテン、音楽のジャンルにはきりが無いのですが、全ての音楽を包容して自分の個性に昇華させる、そんなパワーがドン先生からはっきり伝わってきます。音楽的にとてもの意義ある事ですが、ムズカシク考える必要は無く、FM横浜の天気予報でBGMとして使われるほど、とても耳障りのいいギターの音色が楽しめます。上記以外も是非、いろいろな楽曲に触れて頂きたいなあ、と思います。

d0131901_14302455.jpgもちろん「ドン氏のようにギターを弾きたい!」「でも何から始めれば良いのか分からない」方々に、どんどんレッスン致しますよ~!

ちなみにドン先生のご年齢は四捨五入すると50歳!カッコいいスよねえ!
[PR]
by saitama_music | 2007-10-26 09:22 | ギタリストアベニュー