ギターを中心とした浦和の音楽教室の日刊(にしたい)!創業ブログ


by saitama_music

カテゴリ:出版への道のり( 60 )

新作書き上げましたー!!!

d0131901_105346.jpg



鉄弦弾きの皆さんの為に「ソロ・ギターのエクササイズ集」なるモノを書き上げる機会を頂きました。87エクササイズに、10曲のアレンジ、オリジナル曲を2曲、収録しました!ボリューム満点。。

今回も眠れなかったー。
3ヶ月にて作業の為、突貫的な部分も否めず、教室の先生連中には随分と迷惑をかけて、ガッツリとサポートしてもらいました。(このサポートがあるからこそ。。でして
)教室のメンバーの皆様にも多大なご協力を頂いて、本当に感謝感謝です。

エクササイズ87の創作に、作曲にアレンジ、浄書に録音。全ての奏法解説に、コラムや練習前のカラダのメンテナンスだったりの読み物部分の書き物。もう怖いモノはない!!(笑)。

ページの終わりには「ソロギターのしらべ」でお馴染みの南澤大介氏を招いてのトークセッションもあり、念願叶ってご一緒させて頂く事が出来ました。

2月からのアコギ・マガジンの特集記事、
4月からのソロギター練習帳、
7月からは、キングレコードさんから、カフェコンピ企画のレコーディング。

色々な形で、自分が学んで来た事が仕事になり、形になり。。作業している時は「2度とやらん!」等とつい思っちまうのですが、一つ一つ形になる度に、本当に感謝の念に堪えません。

上記、ソロギター練習帳は7月27日発売予定!
たまりに溜まった情報更新もぼちぼちとして参りますので、何卒お付き合い下さいー。



こういう楽しい一幕もあったのですが、、、
夢の中の出来事だったように感じているのはここだけの話。。
d0131901_11132755.jpg

[PR]
by saitama_music | 2012-06-28 10:56 | 出版への道のり
スミマセン!!この体たらく更新!!

2ヶ月に及ぶ取材を通して書き上げているアコギマガジンの原稿製作が山場を迎えて、7月には新しい「アコギ本」を製作する事が決まりましたー。また楽しく報告が出来れば、と思っております。

いやー、原稿書きに追われ、ブログの更新も3月は腑抜けになってしまいましたが、諦めずにガンガンと更新させて頂きますー。懲りずに是非お付き合い下さい!

一つずついきます!

先ずはこちら、そんな4月発売の「アコースティックギターマガジン」の取材をで度々お世話になっている鍼灸のマエストロ宮原先生(中央)と、日本ボサノヴァ界のマエストロ中村善郎先生(右)!
d0131901_136746.jpg


そして、いつもお世話になっているアコギマガジンの編集K氏(オダギリ風)
d0131901_1361277.jpg


こんな風景が繰り返されて原稿が出来上がっていきます(笑)

しかしマジです!

手の故障、腱鞘炎とは何か!?プレイスタイルの点検、身体の故障を防ぐボディ・ケア、そして練習法やギタリストのための身体づくりボリュームたっぷりの22pをお届けしたいと思っております!!


いやー、この2ヶ月はPCで身体が壊れそうでしたが。。。
また詳しく!!
[PR]
by saitama_music | 2012-03-26 13:09 | 出版への道のり
お疲れ様です。

クラプトン先生が表紙のアコースティック・ギター・マガジン Vol.51。 学生の頃からの愛読誌に自分の著作が掲載されるのはそりゃもぅ、ひっくり返るほど大変嬉しいのですが、と同時に、胸をえぐられる様に自分の不勉強を大いに痛感する瞬間だったりもします。

d0131901_7332213.jpg


オススメの記事は昨年のクラプトンJAPANツアーの使用アコギの一覧!ポール・サイモンのソロライブVer.「サウンド・オブ・サイレンス」のスコア!などなど!!

是非チェックを!!
[PR]
by saitama_music | 2012-01-31 07:35 | 出版への道のり
お疲れ様でしたー!!!    

弾きたい曲からはじめる!私のクラシック・ギター2 映画音楽編 (CD付き)

垂石 雅俊 / リットーミュージック

スコア:



皆様に愛されてまだ1年(爆)の私のクラギですが、何とかシリーズとして2作目を出版させて頂くことができました。本当に有難うございます。。様々な形で協力してくれたスタッフや仲間たち、諸先生方に本当に感謝申し上げます。また教室でいつもヒゲ面でレッスンに付き合って頂いたメンバーの皆さんのお心遣いも大変恐縮でした。。。今一度御礼申し上げます。

一生懸命書き上げてみましたので、何卒、末永く楽しんで頂ければと思います。

--
ここでスペシャルサンクス!

・楽譜の修正から校正、演奏まで細かく手伝ってくれた清水先生!
・多くのラフアレンジをスコア入力してくれて、演奏もしてくれた左村先生!

ギターレチームには本当に多くの手助けをしてもらいました。清水先生には休み返上で手伝ってもらったり。。様々な作業を一番身近で手伝ってくれた二人の先生の助けが無かったら、ちょーっと大変なことになっておりました。本当に感謝です。有難うございました。

・長時間のレコーディングのディレクションと教室の運営をサポートしてくれた内田先生
・レコーディング開始の朝までアイデアに付き合って音源作成してくれた西ヶ谷先生
・きついスケジュールでコード解析してくれた下山先生

エアストチームには、製作にかかりっきりになっても、教室の運営面でも大きなイベントでも全て事故無く、動いて貰いました。ワガママも随分聞いてくれて。。。。

本当に有難うございました。。
d0131901_1402254.jpg


---
・自作のレコーディングに快く引き受けてくれた恩師、寺田先生、フルートの越部先生、畑中雄大さん

・今回もレコーディングの楽器の手配を二つ返事でOKしてくれた野辺シゲカズ先生

・実に気持ちのよいレコーディングをサポートしてくれるスタジオレダの水谷さん

・楽譜の時代考証で、色々な知識を頂いたリューティストの櫻田先生

・今回も色々な視点で魂のイラストを手がけてくれた荒田さん

・2度目も台風での豪雨の中で駆けつけてくれたスタイリストの板原さん

・仕事を軽快に加速させる匠なカメラマンの星野さん

・どんな無理も聞いてくれる豪腕編集のN氏

・励まし上手は聞き上手、の、リットーミュージックの大槻さん

・モニターと言う名義で、原稿を無理矢理を押し付けても弾いて下さる
G&Eメンバーの皆さん。

また、いつも励ましや、叱咤激励をしてくれる友人や仲間にも御礼申し上げます。本当に感謝の念に堪えません 。シリーズ化できるように今後も頑張ってまいりますので、一つどうぞご贔屓に宜しくお願い申し上げます!!

ちょいと一足お先に、巻末に掲載する予定で書き上げた自作のエチュードを掲載いたしますので、楽しんで頂けたら幸いです。

♯1 ギターの為の叙情的練習曲より「ノスタルジア」 垂石雅俊


♯2 ギターの為の叙情的練習曲より「シネマティック」 垂石雅俊

[PR]
by saitama_music | 2011-11-11 01:29 | 出版への道のり
出来ましたー!!

d0131901_2317531.jpg


そして、表紙を初めてみました!(笑)
表紙を描いてくれたアラタさんより連絡を頂き、気がつきました。(爆) いやー、6月の初旬から、長かった長かった。。。スタッフ一同も頑張ってくれました。是非、一人でも多くの方にお手に取って頂ければ幸いでございます。

クラシックギターとは名を打ってありますが、フィンガースタイルやソロ・ギターの入門だったりテキストだったり、レパートリーだったり、色々なジャンルを嗜む方に楽しんでもらえる様な内容にしたいと思っておりました。

リットーミュージックの編集N氏にもそんなトコロを買って頂いて。。
本当にドラマドラマの一冊が出来上がりました。

d0131901_23242533.gif


こんな具合でリットーミュージックさんのHPに掲載されております!

全18曲のアレンジは勿論、新堀ギター時代の恩師の一人の寺田先生と、共演仲間と言うとおこがましいですが、フルートの越部先生に吹き込んで貰った自作のワルツ、そしてギターレ&エアストの西ヶ谷先生が仕上げてくれたオーケストラアレンジ+ギターのエチュードでは、ずっと温めていた企画の一端を披露する事が出来ました。

【収録曲(全曲CD&タブ譜対応)】

■序章:名曲で学ぶクラシック・ギターの基礎

◎白い恋人たち
美しい演奏を生むフォームとアポヤンド奏法

◎アメイジング・グレイス
正確な譜面の解釈とアルアイレ奏法

■第1章:名画を彩った珠玉のナンバー
◎ティアーズ・イン・ヘヴン/エリック・クラプトン
音量バランスと上昇&下降スラー

◎遙かなる影/カーペンターズ
跳ねたリズムと演奏に表情をつけるスライド

◎コーリング・ユー/ジェヴェッタ・スティール
和音の響かせ方と、オクターブ・ハーモニクス

◎ニュー・シネマ・パラダイス
ポジション移動を的確に行なうふたつのコツ

◎愛のワルツ
メロディに彩りを与えるビブラート

◎恋のアランフェス
二重奏のコツとアルアイレ&アポヤンド

■第2章:ジャズ・スタンダードになったスクリーン・ミュージック

◎フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
ビートと打弦で躍動感をコントロール

◎ムーン・リヴァー
流麗なアルペジオを奏でる方法

◎黒いオルフェ
ラテンのリズムを表現する手法の数々

◎サマータイム
リズム表現とアクセントでブルージィに

◎いつか王子様が
華麗に両手をシンクロさせるアプローチ

■第3章:TV&シネマでお馴染みの邦楽曲

◎桜・咲くころ/押尾コータロー
艶やかな音色作りとコード・チェンジ

◎さよならの夏~コクリコ坂から~/手嶌葵
優雅にハイ・ポジションを奏でるポイント

◎First Love/宇多田ヒカル
フレージング&強弱による華麗な表現

◎LOVE LOVE LOVE/DREAMS COME TRUE
装飾音を用いて、格調高く楽曲を表現

◎どんなときも。/槇原敬之
軽快な演奏と、上昇&下降スラーのフォーム

■SPECIAL PROGRAM
◎ノスタルジア
◎シネマティック

-----

第3弾、第4弾と続けていくことが出来たら、、と思います。
何卒、宜しくお願い致します!!


-
[PR]
by saitama_music | 2011-10-19 23:31 | 出版への道のり
お疲れ様です。

d0131901_0192861.jpg

もう一息!かなぁ!!と言う感じの「私のクラギ2 映画音楽編」!

全100ページちょいの校正が終わりそうです。何度も直したり、書き直したり。。随分と編集N氏には無理三昧で通しましたが、清水先生のスーパーフォローもあり、何とか終わりそうです!!

いや、、今回もナガカッタ。。。是非是非、ご覧、ご一読頂ければ幸いです!
宜しくお願い致します!

11月11日発売!!!です!


弾きたい曲からはじめる!私のクラシック・ギター (CD付き)

垂石 雅俊 / リットーミュージック

スコア:


[PR]
by saitama_music | 2011-10-13 00:24 | 出版への道のり
お疲れ様です。

怒涛の40トラック無事に完録!

20曲の収録曲と、18曲のエクササイズ、2曲のカラオケと、こういったトラック訳になってます。みなさんの気に入って頂ける曲が一つでも多いといいなぁ、と願うばかりです!

今回の録りは巻末に収録される自作のアンサンブルもの。一つは西ヶ谷先生渾身のオケ音源とのアンサンブル。弦楽オケをバックにギターを弾いて頂こうという試みで、ちょっとゴージャスな雰囲気でカラオケ演奏を楽しめる内容になったと思います。「ノスタルジア」という名前の、ギターからにじみ出た郷愁感を表現してみました。

そしてもう一つ、フルートとチェンバロギターの伴奏が付いた曲で、学生時代の恩師の一人の寺田先生と、何度もご一緒させて頂いたフルートの越部先生をお迎えしてのこれまたゴージャスな録音になりました!
タイトルは「シネマティック」という、締めくくりのカーテンコールとして、もしくは名画に出会えた爽やかな喜びを表現してみました。

d0131901_3103665.jpg
寺田先生と収録後に!今回、「2」の依頼を頂いて、実現できたらいいなぁ、、と思っていた企画の一つが実現!実は感無量でございまして!いやー、実を言うと高校生の頃は憧れて、大学過程ではキビシク鍛えられ、、(笑)、、嬉しいやら、恐縮やらで一日を終えました。

越部先生はまたご紹介できれば!と思います。うっかり録り忘れましたー。

お忙しい中、本当に有難うございました!!

音源も少しづつ紹介できればと思います!
[PR]
by saitama_music | 2011-10-06 03:10 | 出版への道のり
お疲れ様です。

11月11日にいよいよ発売決定!
「弾きたい曲からはじめる!私のクラシックギター2 映画音楽編」

今回も長かった。。打ち合わせの間にアコギマガジンの10Pの執筆もあったので、6月から10月までは寝食を忘れて作業に没頭したような気もします。とは言え、まだ最後のレコーディングも残ってますので、気を張って掲載曲のご紹介!です!


序章
名曲で学ぶクラシック・ギターの基礎

●白い恋人たち
美しい演奏を生むフォームとアポヤンド奏法

●アメイジング・グレイス
正確な譜面の解釈とアルアイレ奏法

第1章
名画を彩った珠玉のナンバー

●ティアーズ・イン・ヘヴン/エリック・クラプトン
音量バランスと上昇&下降スラー

●遙かなる影/カーペンターズ
跳ねたリズムと演奏に表情をつけるスライド

●コーリング・ユー/ジェヴェッタ・スティール
和音の響かせ方と,オクターブ・ハーモニクス

●ニュー・シネマ・パラダイス
ポジション移動を的確に行なうふたつのコツ

●愛のワルツ
メロディに彩りを与えるビブラート

●恋のアランフェス
二重奏のコツとアルアイレ&アポヤンド


第2章
ジャズ・スタンダードになったスクリーン・ミュージック

●フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
ビートと打弦で躍動感をコントロール

●ムーン・リヴァー
流麗なアルペジオを奏でるための方法

●黒いオルフェ
ラテンのリズムを表現する手法の数々

●サマータイム
リズム表現とアクセントでブルージィに

●いつか王子様が
華麗に両手をシンクロさせるアプローチ

第3章
TV&シネマでお馴染みの邦楽曲

●桜・咲くころ/押尾コータロー
艶やかな音色作りとコード・チェンジ

●さよならの夏 ~コクリコ坂から~/手嶌葵
優雅にハイ・ポジションを奏でるポイント

●First Love /宇多田ヒカル
フレージング&強弱による華麗な表現

●LOVE LOVE LOVE / DREAMS COME TRUE
装飾音を用いて,格調高く楽曲を表現

●どんなときも。/槇原敬之
軽快な演奏と,上昇&下降スラーのフォーム

SPECIAL PROGRAM
ギターの為の叙情的練習曲集「ノスタルジア」より

●ノスタルジア 
ギターと弦楽アンサンブル

●シネマティック
ギターとフルートのアンサンブル

各曲、難易度を抑えたアレンジは勿論、ティアーズ・イン・ヘヴンや押尾コータローのナンバー、ジブリ最新作の「コクリコ坂より」などの選曲も、なかなかどうしてヨサゲじゃないか!と、自分でも思ってしまいます。これは正直、マッスル編集者のN氏との度重なる戦いの果てに生まれたものですが。(笑)

いよいよ、明日はラストプログラムのレコーディング!
学生時代から大変お世話になった先生方をお迎えしての録りなのでいささか緊張気味ですが、またご報告できればと思います!
[PR]
by saitama_music | 2011-10-04 23:56 | 出版への道のり
お疲れ様です。

d0131901_11215026.jpg

レコーディング2日目も無事終わり、38トラック無事にマスタリング終了しましたー。
残りの2曲はアンサンブルなので次週におあずけ!

いよいよ最後の文字校正や楽譜のに修正を入れて終わりが近づきます!
d0131901_1128188.jpg


----

いやー!明日のアコナイが楽しみだ!(笑)
スッキリとガンバリませう!
[PR]
by saitama_music | 2011-10-01 11:29 | 出版への道のり
お疲れ様です。

d0131901_3364475.jpgやっております!
怒涛の38トラック録音!
本日はお昼の12時から23時までぶっ続け(笑)で
内田先生とタルイシ、ガムバッテおりました。

清水先生、左村先生、西ヶ谷先生も大はしゃぎ(?)で、踏ん張ってくれましたし!
少しでも良い物がお送りできればと思います!

清水先生とは「白い恋人たち」を!左村先生とは「恋のアランフェス」を。

西ヶ谷先生とは巻末に掲載予定の弦楽伴奏アレンジで初コラボ!

プログラムはもう少々お待ち下さいー!




下記の写真は先日、アトリエ・ミ・エスティーロにて。
私のクラギ2で使用する写真を、ギター製作家の野辺先生との対談風で撮影してきました。
d0131901_3333417.jpg

こうなるといよいよ「本」として形になってきますね。
また追って詳細を!

----
さぁさぁ、今週末はアコナイですよー!!!!
[PR]
by saitama_music | 2011-09-30 03:42 | 出版への道のり