ギターを中心とした浦和の音楽教室の日刊(にしたい)!創業ブログ


by saitama_music

教室オリジナル 「叙情的練習曲集」

お疲れ様です。

初級、中級者におくる、当教室オリジナル練習曲集「ギターの為の叙情的練習曲集」が完成しつつあります。教室の為に作曲してくれたのは、後輩、「三留丈樹」氏。中学生からのお付き合いなのですが、現在は某音楽大学の学生として、クラシック視点の「作曲」、「曲作り」を勉強しています。三留氏はギタリストとしても、自分と一緒にヨーロッパでのステージに立つほどの実力。

d0131901_23481516.gif
沢山の生徒さんに楽しんでもらえる様、「ギターが弾きやすく、かつ響く」というコンセプト。

「ギターを始めたばかりの人でも、弾いていると楽しくなる練習曲集が欲しい!!!」と言うのが、依頼の経緯です。ワガママを思い切り伝えて創作して頂きました。まだまだ色々訂正したり、ワガママを言うつもりです(笑)




-----
叙情(抒情、じょじょう)について (ウィキペディア(Wikipedia)参照)

大半の国語辞書では「感情を述べ表すこと」を指しているが、各分野に置いて若干意味合いが変わる。広義では非常に感慨深い様子、対象に対して情緒溢れるものを感じること、胸が締め付けられるような切なさを超えた深い感動を指すもの。
------

確かに色々な意味で捉えることが出来るこの「叙情」。

辞書をひくと「感情を述べ表すこと」と出てきます。なるほど、この「曲集」も演奏する上でとても大事な「感情表現」の具体的なテクニックを易しく学ぶ事が出来ます。難しい理論は勿論必要ありません!!(もちろん理論も大事ですが。。) 演奏も普段の生活も「喜怒哀楽」が乏しいと思われている方にもオススメ!!(笑)です。

6月1日(日)は、この練習曲集のお披露目演奏(?)を三留氏から依頼。
今から楽しみです!
[PR]
by saitama_music | 2008-05-22 21:32 | 起業日記