「ほっ」と。キャンペーン

ギターを中心とした浦和の音楽教室の日刊(にしたい)!創業ブログ


by saitama_music

10代の視点とギター

お疲れ様です。

最近文字ばっかりのブログで失礼しております(汗)

今日は小学校の先生をしていらした方がバンドに挑戦するというので体験レッスンにお見えになったり、小学2年生のメタルボーイの初レッスンや60代のフォーク親父のレッスンだったり、また、サークルはロック研に入るつもりという学生になったばかりの好青年や、とっても素敵な「声」を職業にしようと頑張っているアコースティックガールなどなど、当然ながらレッスンにお越し頂く皆さん、個性に溢れていらっしゃいます。

そんな中でもちろん、中学、高校生の若人も沢山来てくれる様になりました。ちゃんと挨拶もするし(しなかったら先生方からのしつこいツッコミが(笑))、相手の事を考えて行動してくれて、とっても気のいい連中が集まってくれて嬉しい限りです!

19才の頃から千葉県の教育委員会の辞令を受けて中学校のギター部や学校の音楽の授業に参加させて頂いた経験からでしょうか、多感な時期を過ごす生徒達と色々な事について話をする事がとても大事で、楽しい、貴重な時間と感じる様になりました。新堀ギター音楽院の本部教室主任時代も、今の教室でも生徒達がちょっとでも、いつもと違う雰囲気を感じたら色々聞き出してしまうという、まぁ、これは私の悪い癖でしょうか。それでも、学校や家庭では出せない「自分」を吐き出して、ひとつ落ち着いてもらいたいと思って話しかけています。自分探しの手伝い位はしてあげたいと。

「相手の個性を知る努力をし、尊重し、自分の個性を磨く。そこに調和を見出す」


といった精神を伝える様に、時にはうっとおしいと思われる覚悟で生徒達と楽しく笑ってます!ギターを通じて「なんだかんだで楽しかった学生時代」を過ごしてもらいたいと願います。
[PR]
by saitama_music | 2008-04-24 02:34 | 起業日記