「ほっ」と。キャンペーン

ギターを中心とした浦和の音楽教室の日刊(にしたい)!創業ブログ


by saitama_music

die Gitarre と le chat Noir

お疲れ様です。

昨日のブログの通り、無事工事も終わり、まだ来ぬインテリア達を待ちわびております。

d0131901_19181371.jpgあまりにも寂しいガランとした空間におわす黒ネコさんはスタンラン作のシャ・ノワールのポスターです。確かにポスターの一枚くらい貼っとこう(汗)、という事ではあるのですが、もう一つだけちょっと「まじない」というか、願かけをしました。

フランス、パリがお好きな方にはあまりにも有名で、自分がツラツラ書く必要はないと思います。1881年のパリ、モンマルトルに生まれたカフェ「シャノワール」。酒造家のロドルフ・サリスの創設した、文化人の憩う、パリのカフェの代名詞のようなお店がありました。シャンソン歌手のピアフが「愛の賛歌」を歌ったカフェ・シャノワールは別の場所に今でも残ってます。パリに行った際に写真を撮り忘れてしまいました。。。

そして、その創設理念にこういうくだりがあります。

-----------
「画家や作家そして音楽家が同じテーブルで酒を汲み交し、みずからの理念を語り、そこに異質な発想や視点が精妙に絡みあい、即興的な新しい表現が現出すれば・・・」

「旧来の伝統的概念は打破され、新しい座標軸が創りあげられ・・・・」

「芸術のそれぞれの固有の領域にこだわらず、むしろ文学や絵画さらに音楽の隔壁を取り除き・・・・」

「精神的な反発や共鳴あるいは神秘的な感動などが思わぬ世界を表出するかもしれず・・・・」

「むしろ方向の定まらぬ精神の運動の場であって、それゆえ逆に異質な芸術家がみずからの想念に耽けることができたのではなかろうか」

-----------

ひょっとしたら大なり小なり、独立された特に飲食店を経営されている諸先輩方はこういう思いを、当たり前のようにお持ちなのかも知れません。皆の憩いの場でありたいと。

ちょっとだけあやかりたいなあ、と思いまして(笑)
うーん。。でも、上記のくだりだと、ちと、敷居が高いですねぇ。。
ギターレ&エアストはどうしましょうか。。。

「集えば、誰もが文化人。知らない間に!」

こんな具合はいかがですか??
やっぱり気軽にお越し頂きたいですし、でも誰でも初めは気が引けますよね。
楽器が弾ける幸せはもっと身近にあるべきと思う、今日この頃なのです。
[PR]
by saitama_music | 2008-02-29 19:18 | 起業日記