ギターを中心とした浦和の音楽教室の日刊(にしたい)!創業ブログ


by saitama_music

創業動機の話 vol.3

前記したペーターフィンガー氏の音楽的影響を受けたのは学生の頃からでしたが、ドイツに渡りこれほど音楽教室の''創業''という事に対して影響受ける事になろうとは思いもよりませんでした。

彼の経歴のピックアップをすると1988年に自ら創設したAcoustic Music Recordsというレコード会社。そして7年後、Akustik Gitarre Magazineの発刊。レーベル、出版、コンサート&イベント業、販売など多岐にわたる事業を行い、今やヨーロッパのギターシーンには無くてはならない存在にまで登りつめました。特筆すべきは全事業の「クオリティの高さ」があげられると思います。
(ペーター氏の事業理念、音楽へのこだわりが日本語訳されているページがありますので興味のある方はご一読下さい。中林貿易様へリンク

日本のギター業界自体はまだまだニッチ市場。ですが「OpenStrings」のようなフェスティバルにはギターを持った様々な年齢層、国籍の人間が集まる訳です。様々な楽器が世の中には存在していますが、各世代、性別、言語などを超えて愛されて続けているギターの素晴らしさを改めて再確認できます。

自分の創業動機の一つである大きなイベントを簡単に紹介しました。私の創業の出発点は音楽教室ですが、ペーター氏の「こだわり」を学ばせて頂き、日本でもギネス挑戦のギターフェスティバルを開催するという夢を持ち続けたいと思います。(日本はギターアンサンブルやギター合奏という分野の発祥でその土壌も十分にあります。)もちろん垂石自身もまだまだ演奏のクオリティを上げていかなければいけません。

この項目を書いて、また無性にギターが練習したくなってきました。。。
[PR]
by saitama_music | 2007-11-03 23:27 | 起業日記