ギターを中心とした浦和の音楽教室の日刊(にしたい)!創業ブログ


by saitama_music

創業動機の話 vol.1

何故、音楽教室!?どうしてギター教室なのか!?

事業計画書なり、創業者は必ずこの事項を簡潔に逞しく話さねばいけない事がやっと解ってきました。単純なモノほど難しい。しかし単純なものはやっぱり単純でいいのですね。宝石と同じでしょうか?多方面から磨き上げれば単純な原石がとっても立派な宝石へと変わる。おっと、磨けばつまらなくなる原石もあると専門家の方が仰っていましたっけ。

今回は垂石のごつごつした原石をご紹介していきたいと思います。

ギターが素晴らしいコミュニケーションツールであるという事実は、自分の演奏、教育経験からも汲み上げましたし、既に日本では幾度かのギターブームを経ている歴史もあります。そこで垂石はギターで何がしたいかというと、

ギターを持ってみんなでワイワイ!
大ギターアンサンブルでギネスに挑戦!!


このテーマを脇に抱えて教室活動に望みたいなあ、と。
「みんなでギターの祭典を開きたい」を目標に掲げる事にしました。
個人事業の動機にはちょっと壮大でしょうか。。。

創業の大きな原石になったのはドイツのオスナブリュックという街で行われた、
Open Strings」というギターフェスティバルに参加した時の衝撃。
d0131901_12311335.jpg
ちょっと解りづらくて恐縮ですが、左の会場に埋め尽くされた人、みなギターを持ってます。Peter Finger(ピーターフィンガー)氏が創業したAcoustic Music Records主催のこのフェスティバル。ギタリストが作り上げた、この会の模様とペーター氏(ドイツ語読み)の紹介を数回に分けて記します。
[PR]
by saitama_music | 2007-10-31 12:54 | 起業日記