「ほっ」と。キャンペーン

ギターを中心とした浦和の音楽教室の日刊(にしたい)!創業ブログ


by saitama_music

左村先生 in いいとも!「そっくりさんカーニバル」オーディション編

2012年3月某日
AM10:00 新宿アルタ内

スタジオ内では写真撮影が禁じられている為、模様がお見せ出来ずだが、
オーディションは2次審査まで。100名近いエントリーから順次絞られている。
アルタの階段に長蛇の列。言われてみればそっくりな方々ばかり!!

しばらくして「いいとも」のセットにて10名程度壇上にあがり、TVカメラを使用し、写りと共に一人ひとりインタビュー。中にはなんでこの人が落ちるのか、、というハイレベルなそっくりさんもいる。やはり番組の数日の流れや志向性に合う人が絞られていくのだろうと実感。お子様率高し!

1次審査が終わり、スタジオを一旦出て合格した人はもう一度階段へ。
残念無念の方々はエレベーターに向かい終了。

2次審査を待つ間はちょっと長かった。まだ1次審査も途中。
合格者を見れば結構ハイレベルである。EXILEからAKB、ヨシモト、スポーツ界まで多彩だ。

そんな中、左村先生の一つ前に待機していた柳沢慎吾氏のそっくり君と出会う!
とても明るい気さくな少年と、気のいい紹介者のお姉さん!共に最終オーディションの突破を誓う!
d0131901_12224633.jpg


夢の共演!(笑)

そして随分長い時間を過ごして2次審査!
30名位だろうか、とてもハイレベルだ。同じようにカメラチェックとインタビューを行う。面白トークを炸裂する関西系のエントリー陣や、緊張を物ともしない自由なお子様たち。並み居る強敵が揃う。

結果は合格。最終オーディションを突破。
誓い合った柳沢そっくり君も突破し、喜びを分かつ!
そのまま本番さながらにSEを入れて実際にリハーサル。いいともセットの裏側にてADさんの指示に従い飛び出す清水先生や紹介される左村先生は、製作スタッフには結構評判が良かった。

その後、楽屋と言うよりは、通路に仕切られたスペースに通され出番を待ちながら、清水先生はじめ紹介者がフリップを書く。合格者を見渡すとハイレベルだと思われている方々が随分と落選している。コレはやはり何かを持っている人のみが残る聖域なのか。などとボヤクも左村、清水、両先生の緊張もピークに達する。

本番15分前くらいだろうか、スタジオがにぎやかになり、
前説が行われている感じが伝わってくる。

多くの関係者が慌しく動いている。
10分前程度だろうか、移動します、との声がかかり、舞台裏へ移動。モニターを覗くと多くのレギュラー陣が見える!おおっ!本当にいいともだ!

スタジオの中は予想以上に小さく感じた。舞台(?)、スタジオの袖でフリップを持ち武者震いの清水先生と、まな板の上の鯉状態の左村先生が頼もしく見える。(笑) 

そして12時、オープニング!!
そう、そっくりさんカーニバルはオープニング直後に行われる企画なのだ!
大きな音のBGMと拍手のなか、両名が「いいとも」の舞台に吸い込まれていった。


続く
[PR]
by saitama_music | 2012-04-03 05:04 | G&Eのサプライズ日記